インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

SHANTI INDIA

カテゴリー

日曜日のオールドデリー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

チェンナイにいる友達が久々にデリーに来たので、日曜日は北デリーでレアな雑貨探しに出かけた。
     まず最初はChandni chowkへ。直訳するとMoonLight Marketという意味らしい。     
     その美しい名前とは裏腹にとにかくゴチャゴチャしている。     
     刺繍用品、結婚式の道具、銀製品、などなど、とにかく面白い小さなお店がひしめき合っている。     
     インドらしいインドは南デリーではなくやはりこの辺なのだと思う。     
          
     せま~い路地にたくさんたくさんお店がひしめき合っていて、体力気力ともに充実していれば大変楽しい場所である。(疲れ気味のときに来ると死にそうになる)     
          
     ところが。     
          
     このChandni chowk,日曜日はほとんどの店が休みであった...     
          
     せっかくここまで来たのだ。観光名所でも見てみるか、とjama masjidへ。     
          
     1628年に建てられた、インドで最も大きく有名なモスクである。     
          
     なぜ外からの写真しかないかというと。。。     
          
     入り口に嘘の入場料を騙し取ろうとする輩がおり邪魔をされて入れなかったから。     
     外国人は200Rsだといって通そうとしない。     
          
     後で友人がゲートの警備員に聞くと入場料は無料だという。     
     (ネット情報ではビデオカメラの持込にはお金がかかると書いてあったけど...)     
          
     Jama masjid、実際どうなってるのか謎だっ。     
          
          
     サイクルに乗って町並みを眺めるのはなかなか楽しい。(店が開いてりゃもっと楽しい。)     
          
          
     気を取り直して有名な安宿街、Pahar Ganjへ。     
          
     道の拡張工事が済み以前より歩き易くなった通り。     
          
     なんだかんだでインドらしい雑貨や服が手に入りやすい場所。     
     値段を聞いても妥当な値段。     
          
     もっとふっかけてくるかと思ったけど…。     
     皆大人しくなったのだろうか??(オートリキシャのおっさん達は相変わらずひどい)     
          
          
     その後CP(コンノート プレイス)で映画を見ようとするも話題作のためSOLD OUT。     
          
     大行列が出来るほどの人気ぶり。。。気になるっっ。今週観よう。     
          
          
          
     朝からはりきって行動した割には何も収穫を得ないまま地元に戻り、みんなでダラダラ昼寝をしてカレー食って終わる休日でした     
          
          
          

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







Comment

  1. aYaka より:

    暑い中おつかれ~。。。ダラダラの神が手招きしてたのさ、きっとw
    モスク、中も素敵だったような。ミナレットは女性一人では駄目と言われて入れなかったー。

  2. ayako より:

    ayakaちん>休日くらいダラダラしろと神のお怒りを受けました。
    私もミナレットは入った事ないや。建物自体はいいんだけどあの辺に居る人たちタチが悪いっ

  3. mineji より:

    いいな~!!そのグタグタツアーに参加したかった!!しゅんちゃんは元気だった?マスジットで徴収される200ルピーはカメラとかビデオの持ち込み代金だよ。だから、そんなもの持ってない!って言い張ると無料で入れます。

  4. ayako より:

    minejiくん>いやいや。結局何一つ収穫できず終わったから!
    しゅんちゃん相変わらずだったよ~ 最後はタクシーさんちでAlkauserのアフガニチキンとshiv Dhabaのカレー食べて終わった… 
    jama masjid、やっぱり入場だけで200Rs払わなくてもいいんだね。
    またみんなでマニアックな場所巡りしよ~(^o^)丿

  5. REDS より:

    弥次喜多道中、いいね!

  6. ayako より:

    REDS>なんだそれ(*´-ω-`)・・・

  7. REDS より:

    弥次喜多道中とは・・江戸時代の作家、十返舎一九が書いたロードムービー的な人情コメディであり、二人が旅先でその土地を知らないが故に、笑いを誘う。21世紀の今でも、あるレッズファンからリスペクトされている。

  8. ayako より:

    REDS>好きなのってクドカンの映画の方じゃないの?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2011 All Rights Reserved.