インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

SHANTI INDIA

カテゴリー

ヒマラヤン温泉。インドの箱根、マニカランへ。

WRITER
 
マニカラン
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

シムラーからマナリ行きバスに乗り北上。途中クルの手前のブンタルと言う場所で下車。
そこからさらにローカルバスで2時間ゆられ、カソール(Kasol)という町に到着。

カソール(Kasol)の朝。

これこれ。私の求めていたもの。
渓流が美しく、遠くに見えるヒマラヤ山脈が青く光る。
ここからさらに渓流に沿って奥に進む。

歩いてる途中でバスが来たので慌てて飛び乗る。
停留所は無い。乗りたいとこで停まってもらう。

バスは飛び乗るもんだとインドに来て初めて知る。

温泉地で有名なマニカランに到着!

グルドワラ(スィク教の寺)から湧き出る湯けむり。

ここマニカランは聖地でもあり、インド人巡礼者が多く集まっている。

グルドワラの壁にあったグルの絵。
温泉はええですなー と言ってるの図。たぶん。

ゲストハウスはどこも専用の温泉浴場が併設されているので、1人でゆっくりお風呂を楽しめる。

ちなみに。泊まった所のお風呂。

グルドワラ内は参拝者のためのご飯が誰でも無料で食べられる。

これにライスもつきます。
野菜カレー(サブジ)、普通においしかった。。。

ご飯が配られるのを待つみなさん。

お寺の中にも温泉あり。

これは男性用風呂。女性用はちゃんと外から見えないようになってます。

あと、何かたぶん聖なる洞窟的な。

岩が温泉の熱で内部から温められており、中はちょっとしたサウナ状態。

神聖な場所とか靴を脱げとかうるさい割に、、、

岩が落書きだらけ。

しかも アキラLOVE的な田舎の中学生が書きそうな内容ばかり。

ココのお寺の面白い所。

スィク教の寺の直ぐ隣がヒンドゥー教の寺。

ぐつぐつ湧いてる温泉に、謎の小袋をたらすのがここのお祈りスタイルらしく。
袋の中身聞くのわすれた。

この袋の中に卵入れて垂らしてたら温泉卵ができるんじゃないだろうか。
あぁ醤油持ってくればよかった。
などと妄想してたのだが、ピュアベジタリアンなこの寺でそれはタブーですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







Comment

  1. boo より:

    渓流沿いの湯けむりがいい感じ・・温泉もきれい。日本みたいに温泉の効能とか書いてあるのかな?硫黄泉とか何とかも?まあ、気持ちよければいいけどね。

  2. reds より:

    落書きの文化は、自分が来た証を残したいと思う人間の本能。ということは古代の人も洞窟に書いたあの絵は落書きだったんだろうか?違うんじゃないかとも思うし、わからない。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2012 All Rights Reserved.