インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

カトマンズでカフェめぐりをしたり。KALDIのカフェにいってきました。

2018/04/01
WRITER
 
カルディ ネパール
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

カトマンズでしてた事。主にカフェめぐり。タメルを散歩。ダラダラ本を読んだりして過ごす。
日本語の古本も安くて品ぞろえがよい(デリー比)ので、5~6冊まとめ買いしてしまった。

カトマンズでカフェ巡りをしたよ

日本語の名前がついてるカフェ。「ちくさコーヒー」
ちくさコーヒー ネパール
なんともノスタルジックな店内。

といえば聞こえはいいが、若干さびれてる感が….

カフェじゃないけど。
カトマンズ カフェ
ネパール産のスケートボードの店ARNIKO。

ボード1枚9000ネパールルピー(約9000円)ですって。

おしゃれだなぁ、欲しいなー、と思いつつ。

デリーの路上で滑れる場所はゼロにひとしい事に気がつく。
たいらでキレイに舗装されてて穴ぼことかあいてなくて安全な道、デリーにありますか!?

この店の兄ちゃんに場所を聞き、我が日本国発のKALDIコーヒーのカフェに向かう。

これがネパールのKALDIカフェだ!!


調子にのって抹茶スムージー的なのとカプチーノ頼みました。

お店のナプキンに書かれた「カフェカルディ」の日本語。かわいい。ネパールのスーパーにはKALDIのコーヒー豆も売ってますよ。

KALDIカフェの外観
カトマンズ カフェ KALDI

訪れたら長期休暇中だったカフェ。The cofee。
カトマンズ カフェ
韓国人と日本人のご夫婦が経営されているらしいです。

すごくキレイなホテルの敷地内にあって「こんな小汚い人間が足を踏み入れて止められたらどうしましょ」と、ヒヤヒヤ。

タメル・エリアの中でパンはここが一番好きだったな。
タメル カフェ

奥に素敵な中庭があって雰囲気も◎!Pumpernickel Bakery。

そして。

- -

カフェじゃないけど、普段の食事はもっぱらココで。
タメル レストラン おすすめ

ディロ(ネパールの”そばがき”のようなもの)のターリー!!180ネパールルピー(約180円)!
こんなでかい固まり、私の胃には物理的には収まりません。て、くらい大盛り。
「チベタン&ネパリキッチン」という何のひねりもない名前の店。

大きなスーパーが3つある三叉路のパン屋の隣の小路をはいったとこにあり。
夜になると地元のオッサンや兄ちゃん達が集い、安い居酒屋風の様相になるのだが、小洒落た店より断然安いしうまいぞ!

毎日2回は通ってました。はい。

チベット料理も安くて美味しかったなー

ネパールさいこーーー!!!
ネパール ブログ
たっぷりネパールにいやされました。

どうしてもインドとくらべてしまうのよね。

言語が似てるから同じような文化なのかと思いきや、ネパールの方が仏教色が濃かった。
ちなみに両国の首都カトマンズとデリーをくらべると、

カトマンズの方が道がキレイ。くさくない。人々がおだやか。愛想がいい人が多い&しつこくない。

カトマンズの方が料理がおいしい。ゲストハウスもトイレも掃除が行き届いていてキレイ。

カトマンズの大通りにはちゃんと歩道がある。歩道橋も多い。
どっちが都会なのかと言われると、デリーの方が都会の要素は多いのかもしれないのだけれど。

人々や都市を見てるとカトマンズの方が洗練されてる気がする。道で立ちションもポイ捨ても見かけないしね。

デリーもちょっとは見習ってほしいところだなぁ…。

- -
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2014 All Rights Reserved.