インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

【絵日記13】マダム・イン・ニューヨーク

WRITER
 
マダム・イン・ニューヨーク
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

インド映画「マダム・イン・ニューヨーク」(原題English Vinglish)が日本で公開されてますねっ★

今夏は他に「バルフィ!人生に唄えば」と「めぐり逢わせのお弁当箱(原題:LUNCH BOX)」も公開されるようで…

日本人好みの良作がちゃんと公開されるようになったなぁ… ジーンと切なくなったりホワっと幸せになるような、感情が丁寧に描かれている作品が日本人にウケると勝手におもってるんですけど。

日本の映画館でインド映画観た事無いのがくやしい。

さて。「マダム・イン・ニューヨーク」に話は戻りますが、(もう邦題のセンスの無さにいちいち突っ込むのはやめよう)
madaminny_Fotor.jpg
英語のできないことがコンプレックスの主婦のシャシ。

保守的で典型的なインドの奥様だったわけですが、ニューヨークに住む姪っ子の結婚式のためにアメリカにいく事になり、
そこで英会話学校に通い出し国籍の違うクラスメイトとの交流等を通して生まれ変わる的なストーリーです。

同じクラスのフランス人青年との淡い恋も芽生えたり芽生えなかったりアラサー乙女的にはそこもキャッてときめくポイント。

サリー姿でニューヨークの街を闊歩する光景もまた新鮮です。

ホワっとハッピーになれるかわいい映画です。

しかし、日本の公式サイトの可愛いことといったら!!!!
こうやって作り変えてより素敵に魅せるセンスは日本ならではだなぁ。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







Comment

  1. boo より:

    ほとんどが単館上映なので、田舎から出ていかねば見られない・・・

  2. ayako より:

    んだ。東京さ出てかねば見られんぞ…..((((((( ;゚Д゚)))))))

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2014 All Rights Reserved.