インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

10日間誰とも話しません。ヴィパッサナー瞑想に行ってきたの巻その1

WRITER
 
ヴィパッサナー
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

ブログの更新をしばらくしておりませんでした。
実は10日間のヴィパッサナー瞑想に行っておったのです。

ヴィパッサナー瞑想とは!?

インドに古くから伝わる瞑想法のひとつ。しばらくの間失われていた期間の後、2500年前にゴータマ・ブッダさんによって再発見されたそう。現在世界中に広まっているヴィパッサナー瞑想はミャンマー出身のインド系、ゴエンカ氏により体系化されたもので、日本にも千葉と京都に施設があります。

10日間誰とも会話をしてはならず、目も合わせてはいけない。もちろん携帯もネットも禁止。書く事も読む事も禁止。ヨガやエクササイズも禁止。

はじめてこの瞑想の話を友達から聞いた日には、しょ…正気か!?と驚愕しました。

ところが、ここ1年ほど旅に出るとなぜか必ずヴィパッサナー経験者に出会い、話を聞いたりしているうちに
あれ?呼ばれてる??私?行かなきゃだめ??という感覚がずっとあったんです。

ついに私にもヴィパッサナー瞑想を経験するときがやってきた

そしてついに、今が行く時だ!!というタイミングが舞い降りてきたわけです。今回。

コースの始まる前日に施設に入り、帰るのもコース終了後の翌日なので実質12日間の休みが必要です。その間は瞑想以外何もしません。贅沢ですよね。。。

場所はデリーのとなり、ハリヤナ州のカルナールという場所。

インドではムンバイが本拠地で、その他ジャイプル、ブッダガヤ、ダラムサラなど有名な観光スポットにも施設があるのですが、

こういった場所はシーズン中は予約がいっぱいで1~2ヶ月前に抑えておかないと参加出来ない状況。というわけで、観光客皆無のこの地味なスポットにある施設に行く事になったわけです。

周りのインド人やチベット人に「ハリヤナ州…..なんでそんな危険な土地に一人で行くのだお前は…ガクガク」と脅されていたのですが。デリーから鉄道で2~3時間。到着してみたら駅も町もこざっぱりしており、むしろデリーより街が安定して整っている気がする。IMG_1506_Fotor.jpg
駅からオートリキシャで施設に向かいます。

施設内。柵の外にも延々と広がる緑の田んぼ。なんて平和な…
IMG_1515_Fotor.jpg

10日間、施設の外には一切出ず、瞑想ホールと食堂と個室部屋を往復するのみ。

朝4:30~夜の9:30まで、ご飯の時間以外ほぼ瞑想。

にも関わらず、どこか遠くに旅に出ていろんな場所を見て周るよりも、自分の内側にいろんな変化や改革が起こったし、得るものが多い非常に充実した10日間でした。

まだ消化しきれておらず、自分のこのブログで書き綴りながらゆっくり整理したいなあとおもってます。
というわけで何回かこの瞑想の話が続きまする……..

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2014 All Rights Reserved.