インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

ヴィパッサナー瞑想の巻 その4 ご飯とか水とか執着心とか。

WRITER
 
ヴィパッサナー ご飯
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

はい。瞑想の体験談も今回で最後です。

施設でのご飯

施設でのご飯はベジタリアン食。
vipassanaご飯

朝6時に朝食。インドのおかゆ、キチュリや南インドの朝食イドリー、私の苦手な黄色いスポンジ風の物体、ドクラなどが出される。

あとホットミルクにフルーツ1つ。

11時AMにランチ。ダル(豆カレー)、サブジ(野菜カレー味炒め物的な!?)、ロティ、ライス。

そして夜ご飯はなく、代わりに午後5時にチャイと簡単なおやつがでる。5時以降何も食べないって!!!

10日間で2kgやせました。今までは夜中に腹減ったなぁってMaggi(インドのインスタント麺)食って寝る。という堕落生活を送ってたから当たり前か。笑。

執着心とたたかう

ゴエンカ氏の講話で、「執着心」の話がありました。

「自分の高級腕時計を壊してしまったとして、悲しいのはなぜか。

まったく同じモデルの腕時計がどこかで壊れたとしても悲しくはない。

悲しくなるのは、それが「自分のもの」だからである。

人は「自分」や「自分のもの」に対する執着心がエゴとなり、苦しみを生み出す。」
記憶があいまいだけど、大体こんな感じの話だったと思う。

そうよねー。自分、そして自分のものに対する執着心、失くさないとね★キラキラっ☆゚+. ゚+.☆ 

そんな私を試す事件勃発

なんて清い心になった翌日、とある事件が起きました。

食堂にでかい浄水器があり、みんな空のボトルや水筒にその水を入れて飲んでいたのですが。

朝、いつものように水をペットボトルに入れ、食堂の入り口のところに置いておいたら、食器を洗っている間にそのボトルが無くなっていたんです。代わりに残されていた超小汚い誰かの水のボトル….

….え?神様、私の執着心試してる?

また、施設のルールで「物を盗んではいけない」というのがあり、代わりに置いてあった誰かのボトルを洗って使うのは盗んだ事にならんだろうか….と悩む。

誰とも話してはいけないので、「ちょっとあたしのボトルしらなーい?」なんて周りに聞けないし、こんな事でいちいちスタッフの人に相談もしたくないし……ああああ。

鉄道駅まで見送ってくれたチベット人の友達が「瞑想がんばってね!」って買ってくれた水だったの。Mount Kailashって書いてあって、「チベット人がくれたカイラス山の水….ご利益ありそうだわぁ。」なんてちょっとした思い入れもあったんですよ!

いや、これこそTHE★執着心!なわけだけど….

その後、瞑想ホールにて私のカイラス山ボトルが置いてあるのを発見しました。

迷ったんですけど、けっきょく代わりに置かれていた小汚いボトルとそっと交換して取り返しました…..
へへへ。まだまだ修行が足りませんかね。わたし……

写真で振り返る10日間

10日間過ごしたお部屋。
ヴィパッサナー
個室で水シャワー&トイレつき。インドにしては割とキレイなお部屋。
ほんとはいけないのかもしれないけど、部屋にいる時にどうしても音楽が聞きたくなり、最初は脳内でひたすら音楽再生してたのだけれど、最後の方は自分で歌ってました。ひとりリサイタル。笑。
10日目の10:00AMに会話が解禁となる。
ヴィパッサナー
今までお互いまったく会話を交わさなかったにも関わらず、参加者の間にはここまで一緒にがんばってきた戦友のような意識が芽生えており、最後はみんなで和気あいあいと仲良くなれた気がする。
女性の参加者は全部で15人くらいで割と少人数だったのもあるかなぁ。
さぁ、俗世に戻って浮き世でまたがんばっていきまっしょーい!!
[ad]

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2014 All Rights Reserved.