インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

年末ラージャスターン旅行その7 ビカネールでシャヒサモサを食べた

2018/03/19
WRITER
 
ビカネール インド
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

鼻水たれまくりでジャイサルメールの街とおさらばし、デリーへと向かいます。

同じ道を通って帰るのもつまらないだろう、という事で、別ルートで戻る事に。
_DSC2109_Fotor.jpg

なんとも可愛らしい菜の花畑が続きます。
オイルとか食用なのかな?
_DSC2118_Fotor.jpg

次に向かうはBikaner(ビカネール)!その昔、ラクダで東西交易をしていた頃の重要な中継地点だったそうな。
Screen Shot 2015-01-081 at 11.47.11 AM.jpg

あとジャイサルメールから南に2時間ほど離れたBarmer(バルメール)も行ってきたので地図に追加。

ブロックプリント布の産地なんですけど、まぁ普通の街だったかな〜…

ビカネールに到着。
_DSC2133_Fotor.jpg

オールドデリーを彷彿とさせるごちゃーっとした下町。

街には大きなフォート(城)もあるんですけど、宿探しに苦労したため疲れすぎてどこも観光してませーん。きゃー

ビカネールってこういうストリート・フードが有名。
_DSC2134_Fotor.jpg
街の名物はShahi Samosa(シャヒ・サモサ)

この街の看板はヒンディー語だけで書かれてる事が多いので分かりづらいのですが、

たしかにシャヒ・サモサと書かれた店が多い。

普段はオイリーすぎて食べないけど、ここまで来たので久々に食べてみよう。インド・スナック。

まずはカチョリ
_DSC2135_Fotor.jpg
中にスパイスで味付けした豆とか入ってて、食べる時は上の方をパリッと割ってソースを流す。

胃もたれ度200%ですけど、なんかこのソースが美味い気がする。今まで食べた物より。

そして肝心のシャヒ・サモサは….. 写真撮り忘れました。

でもね、味はいたって普通のサモサで、強いて言うならちょっと使ってるスパイス違う?うん?

って感じ。

うちの彼が「なんでチーズ入ってないの?これ。」としきりに言う。

そう、「シャヒ」と言えば「パニール(インドのチーズ)」。シャヒ・パニールというトマト風味のパニールカレーが北インド定番メニューにあるわけですが。

「シャヒ」って単に「リッチな、高貴な、王族の」的な意味らしい。知らなかった。

たんに普通のサモサよりちょっとリッチテイストなサモサってだけかーーーーい。

しかも安い。5Rs(約10円)だった。
あとよく見かけたコレ。
_DSC2137_Fotor.jpg

この食べ物なんだー??初めて見たぞ。

時間がなくて試せなかった。

ビカネールは、どこかに行くついでにちょっと寄るくらいがいいかもね。
そんなに見所無いっす。ざわざわしてて落ち着かないし

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2015 All Rights Reserved.