インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

年末ラージャスターン旅行その8 シェカワティ地方のハヴェーリー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

ビカネールからデリーまでの帰路。何とも辛かったです。

これマジで国道すか!?農道の間違いっっしょ!!!

ってツッコミたくて仕方ないガッタガタでほこりまみれでやたら狭いナショナル・ハイウェイをひたすら走り抜け、
12時間後にやっとデリー到着…

そうそう。それで1時間ほど寄り道したんです。

ハヴェーリ

フランス人の女性アーティストが3年かけて改装した昔のハヴェーリー(貴族の邸宅)。

Fatehpur(ファテープル)という場所にあります。

超適当な旅の地図。ついに完成ー★
Screen Shot 2015-01-08 at 11.47.11 AM copy 3.jpg
まさにラージャスターン周遊!!!

話は戻りまして。

現在はギャラリー兼カルチャーセンターとして公開されているハヴェーリー 、Haveli Nadine Le Prince
ハヴェーリー

なんとオシャレな中庭だこと…

- -

ピンポーン。とドアベルを鳴らしましたら、まるで童話の世界にでも出てきそうな雰囲気のフランス人のおじさまが登場。

中庭ではフランス人のカップルがフランス語でフランス人の青年に案内されている…
ここはいったいどこですか…..?一歩外に出ればむさ苦しいインドの田舎町が広がっているというのに。

入場料200Rsで、係の青年が中を案内してくれます。

小さなギャラリーも併設されており、このハヴェーリーを改装した女性アーティスト、Nadine Le Princeを始め国内外のアーティストの作品が展示されてました。

朽ちた壁画もほとんどが修復されています。

_ハヴェーリー ファテープル

ミラーワークの天井。

びっしり描かれた壁画。ゴージャスだわ。
ハヴェーリー

この辺のインテリアのセンス。素敵だわー こんなお部屋に住みたいわあああ

_ハヴェーリー

このイスとかローカルなマーケットで売ってるけどね。

物は同じでも置かれる場所で違って見える。あ、なんか名言的なこと言っちゃった。

こういう木製の細工は複製ではなく当時のものがそのまま使われているそう。
ハヴェーリー

カフェとかレストランを併設すればもっといいのにね。このハヴェーリー。

案内してくれた青年によると、この街には一軒もカフェは無いのだとか。

外はおそろしく暑苦しくてむさ苦しいインドの街だからね。そりゃそうだろう。

このシェカワティ地方は昔のフレスコ壁画が残されている事で有名。

デリーから車で5時間ほどなので日帰りも可能ですね。

街の至る所にやたら雰囲気のある建物がちらちら。
ハヴェーリー

あまりはっきり撮れてないけど…壁一面に絵が描かれてます。
ハヴェーリー

こういう建物が無造作に放置されている。いや、今でも使われてるのかな??
ハヴェーリー

もうちょっと保全活動とかすればいいのにね….

このシェカワティ地方は交易路として栄えたため、こういった邸宅が数多く残されているらしい…

しかし、今ではまともなレストランも無いような田舎町だ。
ハヴェーリー

仕方なく、揚げ物と豆をグシャーーーーってした胃もたれフードをその辺で食べる。

ドナドナドーナードーナー おじさんと子やぎをのーせーてー
_ハヴェーリー

ラージャスターン旅行日記はこれにて終了です。

[ad]

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2015 All Rights Reserved.