インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

ジュガードとROYAL ENFIELD

2018/03/21
WRITER
 
ロイヤルエンフィールド
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

最近ショッピングモールの話題ばかりですが…(そろそろデリーの外に旅に出たいものですな。涙)
SAKETのCITYWALK裏、KFCの並びにROYAL ENFIELDの専門店が出来てたのね。
あ、専門店というよりフラッグショップというやつか!?
IMG_2070_Fotor.jpg

Vasant KunjのAmbience モールにはハーレーの店がありましたが。
(最近行ってないけどまだあるのかな?)
イギリスで生まれ、現在はインドで生産されているロイヤル・エンフィールド。
IMG_2066_Fotor.jpg

店内にはバイクの他にもオリジナルのTシャツやレザージャケット、バイク用品などなど販売されてます。
インテリアもこんな感じ。
IMG_2067_Fotor.jpg

分解して組み直すことが容易な設計。ここがインドでも広く流通しているポイントのひとつ….
なぜか機械類、いや、それだけでなく形を為して存在しているありとあらゆるものが壊れやすい環境なので、その辺の修理屋のおっちゃんがサクッと直せる構造の方が都合がいいのよね。
これぞまさにジュガード(ジュガール)
ジュガードは「応急処置」とか「創意工夫」とか訳されますが、何でもかんでも今手に入るものと環境を駆使して問題解決してしまうインド人の「何とかなるさ」マインド.のこと。

無計画のやっつけ仕事とも言うが、その臨機応変な問題解決能力は見習わなきゃ行けない部分もあるかもしれない…

「壊れても直せるシンプルな構造」が求められているからこそ、今でもインドを走る車のほとんどがマニュアル車らしい。いや、車の構造に詳しくないから本当か分からないけど。

店の前にもずらりとバイクが並んでましたけど、売り物じゃないよね。お客さんのバイク??
IMG_2071_Fotor.jpg
これぞまさに、インドを代表するバイク!!

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2015 All Rights Reserved.