インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

チベットの伝統工芸に触れるノルブリンカ芸術文化研究所!

WRITER
 
ノルブリンカ
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

ダラムサラでの滞在先は、ノルブリンカ・インスティテュートのすぐ近所。 ノルブリンカ・インスティテュート(芸術文化研究所)の詳細は私がGoTripさんに寄稿したコラム「チベット伝統の美と技術に触れるもうひとつのノルブリンカ」をご参照ください…なんちゃって。 タンカ(チベットの仏教画)をはじめとする様々な伝統工芸や技術を学ぶ場所。 中にはショップ(クオリティも値段も高い)やカフェ、お寺、人形博物館などもあり散歩してるだけで楽しめる場所です。 ガヤガヤした観光地から離れた静かな場所。施設の中も緑あふれるキレイに手入れされた庭が美しいです。 ノルフ?リンカ_庭.jpg ノルフ?リンカ_寺.jpg ここの楽しみはやはりタンカなどの制作現場を生で見られること! ノルフ?リンカ_タンカ.jpg ものすっごく細い筆で描き込んでいったり、地道に山や空などのグラデーションをつけたり。 ノルフ?リンカ_タンカ_2.jpg タンカって値段が高いイメージがあるけど、それだけの時間をかけて制作してるのよね… 特にこのノルブリンカで販売されているタンカはお値段が高い。 タンカを描いている作業場。 ノルフ?リンカ_3.jpg これがマンダラの元となる下絵。 マンタ?ラ.jpg マンダラだけでなく、神様の絵も比率とかいろいろ決まりがあるため、こうして製図のような下絵を元に描かれます。 アーティストというよりは職人とか技術者といった感じですね… 夕方ごろになると作業している人が少なくなるので昼間に行くのがおすすめです]]>

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2015 All Rights Reserved.