インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

スリナガルのムガル庭園ニシャート・バーグ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

ダル湖の東側に位置するムガル庭園Nishat Bagh
スリナガル_ガーデン
この噴水の配置とかシンメトリーなレイアウトがムガルっぽい。タージマハルと同じ。
公園の前には屋台がいろいろ
スリナガル_ガーデン
散歩やピクニックに来る地元の人が多かったです
スリナガル_ガーデン
スリナガル_ガーデン
美しい花が咲き乱れとりましたが
スリナガル_ガーデン
風邪ひいたし直射日光強すぎてダルいな
スリナガル_ガーデン
つって、結局奥まで見に行かなかったんだ。
この辺の学校の子はムスリム色の深緑のヒジャブが制服
スリナガル_ガーデン
男子は裸で噴水に入ってきゃっきゃ遊んでるのにね
スリナガル_ガーデン
あとスリナガルの観光スポットといえばモスクもあるんだけど、例のごとく女性が奥まで入れないらしいから行かなかった。
これでスリナガル記は終わり。次はラダックに向かいます。
最後に。こういうことを書くのはどうかなーと思うんだけど、私、本当にカシミール人が苦手で。
インド全国の観光地でどこでも同じようなカーペットやらショールを売ってるあの人々。
で、初めてカシミール人の本拠地のスリナガルに来たわけだけど、やっぱりカシミール人ムカつくしうざい奴多いな、と思った。笑
全員が全員嫌な奴なわけじゃないですけどね…。でもデリーで働いてた時も、パートナー会社の嘘つき社員がカシミール人だったしな。
どうみてもウールとか化繊のストールをパシュミナ100%とか言っちゃって売ってるし。
あ、いろいろ溜まってた不満から悪口が止まらない。この辺でやめとこ。
インド旅行の際はカシミール商人にお気をつけを。
  

   

 







   <" >コチラ
 

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2015 All Rights Reserved.