インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

SHANTI INDIA

カテゴリー

トリウンドはダラムサラ近郊のトレッキング・スポット。雲海が見えます。

2018/03/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

トリウンドの丘。 トリウンド 山道から見下ろすダラムサラの街並み。頂上までは麓の村、ダラムコットから約3時間くらいの道のりです。 ちなみに、日本語で「トリウンド」と発音してもきっと地元民は理解してくれません。 みんなアメリカ英語のような発音で呼びます。カタカナで無理やり表すなら「テュリウンド」。 山道で見つけたきのこ。 トリウンド 今回は彼と彼の友達と3人でトリウンドの丘で一泊する予定。 山頂はお菓子も料理も値段が高いので、大量にお菓子や食材を持ち込みます。 丘の上はこんな感じで芝生の広場のようになってます。 トリウンド 週末はインド人観光客(とにかくうるさい)が押し寄せるので、平日に行くのがおすすめ。 私たちは700Rsでテントを借りたのですが、周りに後からテントを張り始めたインド人の団体がうるさすぎて眠れませんでした… 標高2875mのトリウンドの丘です。 トリウンド 晴れていればヒマラヤ山脈ダウラダール山系が見られます。 トリウンド 定期的に大量のヤギと羊が現れます。 トリウンド トリウンド カフェで羊飼いのおじさんと一緒にいた子ヤギ。 トリウンド おそらく一番可愛い子ヤギは家畜ではなくペットとしてかわいがっているのでしょう… 生後数日のヤギもいました。 トリウンド 私も抱えたのだけれども、生後数日と言いつつ結構重い。 2匹抱えて延々と歩き続けるおじさん、すごい。 趣味は火おこしです。毎食友達に作ってもらってた。ははは トリウンド 彼は他人の家に来ても朝早くから部屋の掃除をしたりコンロを磨き始めるマメすぎる男でして。 今回も一人だけ朝早く起きて黙々と食器を洗いに行ったり朝食を作ってました。 山登りも私の3倍速いです。普段はダラムサラのノルブリンカ芸術研究所で働いてるので、ポーター兼ガイドを頼みたいあなたはご連絡を。なんちゃって。 あまり食べたことなかったんだけど、インドカレーのレトルト。結構美味しい!! トリウンド そしてこちらが今回のトレッキングのハイライトと言えよう。 トリウンド 夕日の沈む雲海です。 トリウンドからはさらに氷河(Laka Glacier)や洞窟(Lahes Cave)、インドラール峠(Indrahar pass, 4342m)も行くことができます。トリウンドまでは気軽に行けますが、その先はちゃんと本気の登山準備をしていかないと危険でございます。 ダラムサラまで旅行に来たら、天気のいい日は日帰りトレッキングに訪れてみてはいかがでしょうか!? トリウンド]]>

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2017 All Rights Reserved.