インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

SHANTI INDIA

カテゴリー

カッチ旅4 工芸品を求めて村を周る。グジャラート州カッチ地方で行くべき工芸の村はここだ!

2018/04/01
WRITER
 
グジャラート カッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

※以前のブログに2013年12月15日にアップした記事です。なぜかこの記事だけこちらの新ブログに移行されていなかったので、ここで再度ご紹介します。

インドのグジャラート州カッチ地方には素晴らしい工芸品がたくさんあり、生産地の村を巡るツアーも見所。最近では観光客向けに半分テーマパーク化している村が多数あり、村人が作ったヘボいアクセサリーや人形を売っている場所もチラホラ…..

そんな中、この村は行く価値アリ!と思った場所だけご紹介します。
- -

グジャラート州カッチの工芸品。行くべき村はここだ!

1.ニローナ村 Nirona 村

ツアーに参加したら必ず行くのではないかと思うんだけど、とにかく工芸品の職人さんが多い村。

ローガンアート グジャラート
ニローナ村と言えばコレ。ローガン・アート。

顔料とカスター(ひまし油の原料だと思う)という植物のオイルを混ぜて、ゴムのようになった絵の具で下の写真のような感じで布に描いていくという何とも手間のかかる技法。

ローガンアート

描いた後に布を半分に折りたたみ、反対側に転写するのでシンメトリーになるデザインが特徴。

こちらがその植物。

ローガンアート

うーん… 作業の大変さに対して結果が見合っていないような気も…。

このローガンアートは代々この家族しか作っていないという伝統工芸品。その分の付加価値がついて、インドの有名な俳優や政治かなんかも訪れて数々の賞も受賞してるみたい。

日本のガイドブック(歩き方?)にも写真載ってるよー、って切り抜きを見せてくれた。

ラッカー・アート。木で出来た筒やら調理用具の柄などを回転運動を利用して色づけ。

ラッカーアート グジャラート

写真で見るとそれなりに可愛いような気もする。

使用用途がいまいち不明なものが多いのよねー。せっかくなので100Rsのフライ返し?風のものを買ったけど。

このラッカー・アートを作ってるおじさん。

グジャラート カッチ

こちらのおじいちゃんは赤銅製のベルなどを作る金工職人。

グジャラート カッチ

元々は家畜のウシの首につけるために作ってたベルを、今では可愛い工芸品にして売ってます。

こちらのお兄さんはカッチ織りというウールのショール等を作っています。

グジャラート カッチ

小さな丸い鏡を縫い付けて刺繍を施す事も。ミラーワークと呼ばれるインドならではの技法。

こんな感じのショール。

ミラーワーク。可愛いー!

ミラーワーク

 

ミラーワーク

ベッドを有効活用。

グジャラート カッチ

こちらでは革細工を作ってます。

グジャラート カッチ

革に穴を空けて、裏側から色違いの布を貼付ける。

グジャラート カッチ

こーんな感じの鏡用の枠が完成★

ここまで書いて来て思ったけど、ニローナ村だけで有名な工芸品をほとんどカバーしている気がする…

この近くのZuraという村にも同じような工芸品の職人さんがたくさん住んでるみたいですよー

2.スムラサル村 Sumrasar村

写真撮ってないけど、この村にはKala RakshaというNGOのオフィス+ショップがあり。

デザインも可愛くて作りもしっかりしている商品がたくさん!

スムラサルの村にはTANABANAという工房があり、ラムジーという名のおっちゃんがコットンのストールを作り販売してます。

ラムジー グジャラート

彼もまた日本のガイドブックに写真が載ったのだとか。

なかなか可愛いデザインのものが多かったです。

3.アジュラクプル村 Ajrakhpur村

この村の名産品は村の名前にもなってるアジュラク・プリント!

木版を何度も重ねてプリントする。イスラミックな幾何学文様と、自然素材の染料を用いて手作業で染められる素朴な風合い。

こーんな大きな布にペタペタ木版でプリントしていくのだから。

元々はパキスタンの方からの移民の一族らしい。

こういう染色の仕事をしている方々はみーんな名字がカトリさん。(日本人のような名前。。。)

村めぐり。まだまだカッチ地方だけでも行けなかった場所がたくさん!!

もーーーーインド広すぎるぜ。

ちなみに、まともなレストラン的なものがほとんどないため、村をまわってた時の食事は毎回こんな感じでした。

グジャラート 村 カッチ

久々の大ヒット、カッチ地方!!何度でも行きたい場所リストに追加決定★

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2018 All Rights Reserved.