インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

【インド映画】ディア・ライフ(Dear Zindagi)、若き現代女性の気持ちのゆらぎと成長を描く【Netflix】

WRITER
 
ディア・ライフ インド映画
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

インド映画好きにおすすめの有料動画ストリーミングサービスNetflix(ネットフリックス)。

料金は月額最低650円(税抜)で豊富な映画やドラマシリーズなどの動画が見放題。

そして。なんといってもNetflix(ネットフリックス)は日本での劇場未公開作品も含めインド映画がとにかく充実しているのが魅力!!

今回はそんなNetflixのラインナップのなかからアーリヤー・バット(Alia Bhatt)とシャー・ルク・カーン(Shah Rukh Khan)が共演した2016年公開の映画ディア・ライフ(原題:Dear zindagi)をピックアップしてご紹介したいと思います!

- -

ディア・ライフ(Dear Zindagi)のざっくりとしたあらすじ

インドのムンバイ在住シネマトグラファー(映画の撮影監督)の主人公、カイラ(アーリヤー・バット)。いつか自分の監督作品を撮ることが夢。より完璧な人生を求めてどこか常に焦燥感を抱えているような印象。

カイラは仲のよい友人にも恵まれそれなりに充実した生活をおくっている一方、素直になれない性格から恋愛でのすれ違いが起きたり、現在の住まいの大家から突然の退去通告を受けたりと踏んだり蹴ったりの出来事に見舞われる。

イライラが極限に達し、ムンバイを離れゴアの実家に戻ることに。

家族関係にトラウマを抱えるカイラ(トラウマの詳細は最後の方に明かされます)。実家に戻ってきてもカイラは両親や家族にキツくあたり、けっきょくうまくいかない。

恋愛の痛手が原因で、カイラは不眠症に陥る。そこで訪れたのがシャールク・カーン演じる心理セラピスト、ドクター・ジャハンギル・カーン(Dr. Jehangir “Jug” Khan)のもと。

ジャハンギルとのコンサルテーションを重ねるなかで、カイラは自分の過去のトラウマと向き合い、自分の内側に秘めていた感情を解放できるようになる。

恋愛や家族関係がうまくいかない理由を自分の内側に見出し、成長したカイラはまた自分の夢に向かって新たな一歩を踏み出すことができたのでした。

ディア・ライフ(Dear Zindagi)の個人的な感想

アーリヤー・バット演じる主人公の女性、カイラの超絶ワガママな振る舞いに前半はムカついて仕方なかったのですが、観終わってみれば何とも新鮮な映画でした。

今までの定番インド映画と何が違うかって言ったら、「特になにも起きない」のが新鮮。(若干ネタバレ気味ですみません)

全体を通して振り返れば、けっきょく大きなことは何も起きてないんです。

劇的な大恋愛もなければ輝かしい成功もない。

その代りに描かれているのが、主人公カイラの内面の変化。

カイラ自身にとっては、心理セラピスト、ドクター・ジャハンギル氏との対話や交流を通して、とんでもない変革が内側に起きた。そして人生の節目を自分で乗り越えたことは間違いない。そんなカイラの成長を描いているのがこの映画「ディア・ライフ(Dear Life)」。

映画の前半はひたすらカイラのイライラ感や粗暴な態度ばかりが描かれて、こっちまで嫌な気分になります。もうちょっとこの前半短くして、後半のドクターとの心理的な交流やカイラの内面の変化に焦点を当ててよかったと思うんだけど。

あとの見どころはゴアの風景がとにかく素敵なとこ。主人公カイラのファッションもかわいい。

エスニック系ワンピースにデニムシャツ合わせたり。アメリカンイーグルで売ってそうなファッションといえばわかりやすいかも。。。
ディア・ライフ

主人公カイラを演じたアーリヤーバット、昔は「あまりかわいくないな。。。」と思ってたけど、この映画「ディア・ライフ(Dear Life)」では、なんだか垢抜けて美人になってました。

自分の感情を素直にドクターの前で語ることができたときのカイラの演技には引き込まれました。

シャー・ルク・カーン(Shah Rukh Khan)演じるドクターの素性は最後まで謎のまま。そうやってすべてを語り尽くさない終わり方もまた良かったかも。

インド映画にはめずらしい繊細な感情を描いた青春映画でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2018 All Rights Reserved.