インドの旅と日常をゆるゆるお届けするB級ポータルサイト

SHANTI INDIA

カテゴリー

ネパール料理店、新大久保アーガン最高。本場の味を堪能したいなら訪れるべし!

WRITER
 
アーガン ネパール料理
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。

ネパール料理を食べてきた。

現代日本に蔓延している、「ネパール人が作ってる日本向けインドカレーの店」ではない。

ガチのネパール料理の店である。

それがここ。新大久保のネパール料理店アーガン。

アーガン ネパール 新大久保

山手線の新大久保駅を出て目の前の横断歩道を渡り、そのまま右方向にまっすぐ。

ミニストップの隣のビルの4Fにあります。

ネパール人に愛される本場の味!

店内はなかなかスタイリッシュでこぎれいな感じで、誰でも入りやすい雰囲気。

窓側に座敷席が設けられているとこが子連れにはありがたい!
新大久保 アーガン

店内のお客さんはほぼネパール人(たぶん)で、ここがまた信頼できるポイント!

本場の味がちゃんと再現されてるってことだもんね。

しかし、在日ネパール人って、素朴で真面目そうな人々が多いイメージだったのだが。

このアーガンにいらっしゃってた方々が割とチャラいというか、デリーあたりでよく見かけたヤングでちょっとヤンキー臭のする人々というか。

都内には東京ブラザーズとかいう名のネパール人不良グループもいるらしいし、最近は日本に来るネパール人も変わってきつつあるのかもしれないね。

新大久保アーガンで食べたもの

新大久保アーガンで食べたもの!

まずはマトン・チョイラ。
アーガン ネパール料理
焼いた羊肉をスパイスで和えたもの。冷たい状態で出てくるのが意外だった。

私はマトン苦手なので旦那(チベット人)が食べたのだが、「おいしいけどあったかい方がよかった」だそうで。

そしてこれ!パニプリ!!!
アーガン ネパール料理
インドやネパールでは定番のスナック(ストリートフード)。

パリッと揚げたボール状の生地の上部を開けて、そこにジャガイモなどをつめておく。

そしてタマリンドの酸味が効いた水を流し込み、そのまま食べる!!

アーガン ネパール料理

インドで最初に食べたときは、前知識もなくいきなり食わされたので、「なんじゃこりゃあああああ」と頭のなかがパニックになりうまいもまずいも感じてる余裕がなかったのだが。

後からハマってくる中毒性。

日本でパニプリ食べられるお店、貴重よ。

インドで食べるパニプリよりだいぶ上品で繊細な味だったけどね。

そしてアルパラタ!
アーガン ネパール料理
アタ(全粒粉)を練った生地にスパイスを効かせたマッシュポテト詰めて平にして焼いたもの。

うまい。うまいよ。

てか、ネパール料理食べに来たのに、ついついこういう「インド思い出の味」をオーダーしてしまう(汗)

そーしーてー。

メインはこちら!!
アーガン ネパール料理
タカリディド&ライスセット 1480円。

ディドは発音すると「ディロ」の方が近いような。ネパールの「そばがき」です!雑穀をお湯で練ってつくったもの。
アーガン ネパール料理

ネパールでわざわざ探して食べたこのディロをもういちど食べたくてオーダーしてみた。

...まぁ、日本でこうしてネパール料理食べに来てあらためて思うが、普通にライスで食ったほうがうまいかもね。

チキンカレー、豆(ダル)スープ、マトンカレー、大根のアチャール , 乾燥醗酵野菜の漬け物、青菜炒め、バターオイル(ギーかな?)、パパドゥ、 ヨーグルトも付いてるよ!

全体的に優しい味なので、辛いものやクセの強いスパイス使いが苦手な人でも食べられる味です!

そうそう、新大久保のガチなネパール料理といえば、ナングロガル↓もおすすめですよ−☆

旦那はナングロガルの方が好きだって言ってたけど、私は清潔感と座敷席と優しさを感じる味でアーガンの方が好きかなっ。

新大久保アーガンの情報まとめ

ネパール民族料理アーガン
住所:東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F
Google Map はこちら
※新大久保駅向かいの信号を渡り、右方向にまっすぐ。徒歩4分ほど。

時間:11:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:なし

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれ。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」およびマクラメ天然石アクセサリーと占星術鑑定のネットショップ「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA , 2019 All Rights Reserved.