インド映画レビューとボリウッド・エンタメ情報をお届け!!

SHANTI INDIA!!

カテゴリー

インド映画「ガリー・ボーイ」あらすじと解説レビュー!スラム出身ラッパーの実話ストーリー。

 
ガリーボーイ インド映画 ボリウッド
この記事を書いている人 - WRITER -
ラクシュミー綾子
埼玉生まれインド育ちカレー好きそうな奴はだいたい友達。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」および占星術鑑定屋「CHARKHA STORE」を運営。

みなさまこんにちは。インド映画愛好家のラクシュミー綾子です。

自分が観たインド映画のトキメキや興奮など、あらゆる感情を誰かと共有したいなと思い、このインド映画ブログに思いをぶつけております。

今回ご紹介する映画はこちら!2019年公開「ガリーボーイ(Gully Boy)」!!!

こちらの映画をズバリ一言で言い表すなら・・・

インドのスラム出身ラッパーがマイクひとつで成り上がる実話ベースの物語!!!

日本ではAmazonプライム・ビデオやNetflix、U-NEXTやdTVといった動画配信サービスで視聴可能です。

U-NEXTでガリーボーイ作品情報は

ちなみに「ガリー」は「路地裏」的な意味です。

日本で公開されるインド映画はクソダサい邦題つけられがちなので、「路地裏から魂を込めて」的なタイトルにならなくてよかったー!

作品情報

まずは映画「ガリーボーイ」の概要や監督、出演者などをご紹介!

予告編はこちら↓

インド映画「ガリーボーイ」の概要

インド映画「ガリーボーイ」は、ムンバイ出身の若きラッパーNaezyをモデルに作られた映画です。

実際のNaezyはこちら↓
インド ラッパー Naezy

Naezyは2014年iPadで自作したミュージックビデオ「Aafat! 」をYouTubeに公開。

その後、彼のドキュメンタリー映画「BOMBAY70」が自主制作で作られ、ムンバイの国際映画祭 (MAMI) でベスト・ショートフィルム賞を受賞。

Naezyの存在が広まり、映画監督ゾーヤー・アクタルがその物語と楽曲に感化され、映画「ガリーボーイ」の制作へと結びついたのだとか。

アメリカの大物ラッパーNASがエグゼクティブ・プロデューサーを務めています。

若き頃のNAS。Naezyは影響を受けてる感じ、ありますよね。

インド映画「ガリーボーイ」の監督とキャスト

ここからは、映画「ガリーボーイ」の監督とキャストについてご紹介。

監督はゾーヤー・アクタルさん。
Zoya akhtar ゾーヤーアクタル

代表作は、リティク・ローシャン主演の青春ロードムービー2011年「Zindagi Na Milegi Dobara」など。

豪華すぎるキャストで話題になりましたな。

そして、主人公のムラードを演じるのはランヴィール・シン氏。

ランヴィール・シン インド映画俳優

ランヴィール・シン Ranveer-Singh

甘いマスクとバッキバキに割れた腹筋で人気を誇る若手俳優です(若手と言っても30代半ばですが・・・ボリウッド役者界は総じて年齢層高めなので!)

ムラードの幼馴染で恋人のサフィーナー役を演じるのは、アーリヤー・バットさん。

アーリヤーバット

アーリヤー・バット Alia Bhatt

2010年代以降、勢いを落とす事なく活躍し続ける大人気の若手女優さんです。

主人公ムラードと対立する父親役は、ヴィジャイ・ラーズ氏。

Vijay Raaz ヴィジャイ・ラーズ

ヴィジャイ・ラーズ Vijay Raaz

この人が脇を固めると、ピリッと物語が引き締まります。演技派俳優さんです。悪役が似合いますね。

アメリカ帰りの音楽プロデューサー、SKY(スカイ)を演じるのはカルキ・ケクランさん。

カルキケクラン

カルキ・ケクラン Kalki- Koechlin

ボリウッド界で活躍するフランス人の女優さんですが、この役は名前からして一応インド人女性の役のようです。

あらすじ

それではここからは、映画「ガリーボーイ」のあらすじをご紹介していきます!!

ムンバイのスラム街、ダーラーヴィーに住む主人公の大学生ムラード。

若い2番目の妻を連れ込む威圧的な父親(イスラム教徒なので一夫多妻が認められている)、そして経済的に苦しい家庭環境の中で悶々とした日々を過ごしている。そんな鬱屈した気分を解消してくれるのがラップミュージックの存在だった。

ムラードの幼馴染の恋人は医学生サフィーナ。お互いの身分の違いもあり、隠れて交際を続けている。

ある日、父親が怪我をして運転手としての仕事を続けられなくなり、代わりにムラードがパートタイムで働くことに。富裕層の運転手として働く間に自身との貧富の格差や不条理を改めて実感し、その気持ちをラップの歌詞として書き留め始める。

ムラードは地元で活躍するラッパーMCシェールのパフォーマンスを学園祭で目にして、感銘を受ける。

その後、MCシェールに自作の歌詞を見せると、意図せずアンダーグラウンドで行われているラップバトルに参加する流れに。

ムラードのラップに光るものを見出したMCシェールは、動画を撮影しYoutubeに投稿することを促す。

その動画を観たアメリカ帰りの音楽プロデューサーの卵、「スカイ」からコラボレーションの誘いが。

父親との軋轢や彼女との内緒の交際、そして変わらない日常と決まりきった希望の見えない将来に押しつぶされそうになっていたムラードだが。

この1本の動画をきっかけにムラードの運命は切り開かれるのか!?

インド映画「ガリーボーイ」の見どころと感想

ここからは個人的な感想や見どころ、ネタバレありの解説をお届けしていきます!

映画の見どころポイント
  • 新たなボリウッド映画と音楽の可能性
  • 苦労の連鎖を断ち切る希望の物語

新たなボリウッド映画の可能性を示したガリーボーイ

インドでヒットする映画の特徴、それは「憧れの対象」が詰まっていること。

同じくムンバイのスラムを描いたアカデミー賞受賞作、2009年「スラムドッグ$ミリオネア」だって、インド国内での人気はイマイチ。

自分と近い世界や現実を描く作品よりも、自分とは遠い世界や憧れを描いた娯楽作品の方が圧倒的に人気なのです。

そんなわけで、やたらと美男美女がワチャワチャする海外ロケの作品も多いのですが・・・。

ところが、インドでもヒットしたこの「ガリーボーイ」はインドのリアルを描きながらも同時に夢を見させてくれるという新しい可能性を示しているような気がします。

主人公は「スラム街出身」ではありますが、だからと言って毎日食べるものにも困るほどの貧しい状況ではありません。

大学に通いスマホも使う、“普通の人”です。

さらに、インドの音楽シーンは割と特殊で、メディアで流れる音楽はほぼ「映画音楽」。

“誰が”作っている(歌っている)かよりも、“どの映画”の曲なのかということで認識されやすい傾向があります。

また、インド映画のダンスシーンで使われる楽曲は役者さんが歌っているわけではありません。歌い手さんが歌った楽曲を口パクで演じているのがほとんど。(それが悪いわけではないですが)

しかーし!ガリーボーイではなんとラップシーンをちゃんと主演のランヴィール・シン氏が歌っているんですね。

ランヴィールが試写会で披露したラップ。

この映画のヒットをきっかけに、モデルとなったインドのラッパーNaezyにも注目が集まりました。

自分たちと近い世界を描いた映画だって、憧れの対象になるし娯楽映画として成功する。

定番のダンスシーンやボリウッド独特のダンスミュージックじゃなくても、俳優が歌っていてもヒットする。

そんなボリウッド映画の新たな潮流や可能性を示してくれたのが、このガリーボーイじゃないでしょうか。

インド社会の苦労の連鎖を断ち切る希望の物語

Netflix映画「ザ・ホワイトタイガー」でも描かれていましたが、

インドではカースト制の名残で「家柄」が本当に根強い。親の職業をそのまま継ぐケースも圧倒的に多いです。

映画「ガリーボーイ」では、主人公ムラードは父親と激しく対立します。

父親の姿が自分の未来そのものであり、それに反発するかのように反逆音楽のラップに光を見出していくのです。

一方、父親はそんなムラードの姿を見て、どこか自分の存在を否定されているかのような感覚を覚えたのかもしれませんね。

親子の対立は割と映画やドラマで描かれがちな定番のテーマのような気がしますが、

この「ガリーボーイ」で描かれる親子の対立の間には、もう少し根深くて複雑な心理が潜んでいるような気がしました。

まとめ

インドでも、こんな音楽シーンや文化が存在するのね・・・!と、ハッと気付かされたような作品でした。

極めてゴージャスでセレブ感漂うランヴィール・シンがスラム街出身のラッパーかぁ・・・と、何とも意外な気がしましたが、これはこれでありな感じです。

新しいインド映画の可能性を切り開いた作品の一つです。2020年代は、インド映画シーンにガリーボーイからつながる変化が起きてきそうですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
ラクシュミー綾子
埼玉生まれインド育ちカレー好きそうな奴はだいたい友達。さすらいの星よみライター。 2010年〜2015年、インド、ニューデリーの地で修行(仕事)に励む。日本語フリーペーパーの編集などの仕事に携わり、2015年秋にチベット人の彼と結婚。日本に帰国。 占星術をもとに日々をつづるブログ「CHARKHA NOTE」および占星術鑑定屋「CHARKHA STORE」を運営。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© SHANTI INDIA!! , 2021 All Rights Reserved.